正直もう止められない

LDHファンが超特急を知ってから

5月5日は5号車の日

 

ですね!

鯉のぼり🎏よりもユーキさん🔥

すっかり5号車の日だなあと思う自分になりました。

 

と思っていたら、ユーキくんもそうだった!

5号車を生きてくれているユーキくんが好きだな〜〜〜

超特急 公式ブログ - 5/5こどもの日 それと… - Powered by LINElineblog.me

 

 

 

超特急に出会って、ユーキくんに出会って、変わったことがたくさんある。

振り返ってみれば、5推しになってとにかくハッピーなのはもちろん、いろんなことが変わったなあと毎日思っています。

せっかくの5月5日なので今日はそんな話を備忘録として残しておこうかなと_✍

 

 

5推しになって変わったこと。

数字に敏感になった。毎月5日は気持ちが上がるし、ただの日付がコンビの良さを再確認する日になった。電車の号車もついつい見ちゃう。ついでに色も。赤を背景に5号車とかかれたホームを見るとユーキくんだなあと思う。

赤色のものが増えた。イメージカラーのある推しが初めてなのでとても新鮮。普段は寒色を身にまとって生きてきた私が赤い服も赤い小物もたくさん持つようになった。心なしか赤色の物を身につけるとパワーを感じる。ユーキくんに負けずに頑張ろうと思えるんだな、きっと。 

失敗に寛容になった。「あ、ミスったー😢」そう落ち込んじゃう時、大抵は「推しみたいなドジしちゃった」で済ませるようになったよね。推しの担当を思えば何だってポジティブに変換できる。

向上心が倍増した。「頑張らなくちゃ」じゃなくて「頑張りたい」「頑張ろう」と思うようになった。 元々自分のやるべきことは頑張ろうと常々思ってきたけれど、それ以上に。ユーキくんが向上心の塊で、超特急を全力で生きてくれるから。負けずに頑張りたくなる。ツアーグッズのお守り、ユーキくんの言葉が本当に心の支え。お互い頑張ろ!

毎日がハッピーになった。高校生の頃から「Happy Box」という画像フォルダを持っているくらい元々ハッピー探しが好きで。小さな幸せを大事にしてきた中で、ハッピーボーイと出会った。何かとハッピーを連呼してくれるので私も自然とそうなっていって、今や「ハッピーパラダイス」がひとつの語彙になってしまってる。ユーキくんの口上、いつも心から楽しくてハッピー。

出会いがあった。ユーキくんを好きでいたら、素敵な出会いがいっぱい舞い込んできた。根っこが超特急で繋がっているからこそ、いろんなことを話せる友達ができた。離れた所に住んでいても、定期的に現場で会える友達ができた。現場が無くても会うくらい大好きな友達ができた。ハッピーは広がっていくんだなあと改めて感動してる。

こんなの、書き出せばキリがない。

 

 

私は正直、これまでの人生を地味〜に生きてきました。好きなものを比較的自由に浴びながら、自然と夢を持って、普通に青春して、普通に毎日を生きてきた。きっと、恵まれた普通の中で。

世の中には自分の辞書にない言葉を持っている人がたくさんいる。

カルチャーショックに近いもの、この日本の中でも存在するんですよね。当たり前のように家族に愛されて、友達に囲まれて。そんな毎日を夢見る子どもだっているわけです。自分は恵まれた普通を生きてたんだなって、ここ2年程でつくづく思いました。

世界は広いよ。知らないだけ。知らなくても生きていけるだけ。

違う人生を生きているんだから仕方ない。仕方ないけれど、できる限り知っていきたい。「分かりたい」から繋がる気持ちがあるってこの頃すごく実感しています。

なんか話が逸れている……?

恵まれた普通の中で生きて、それなりに頑張ったり落ち込んだり笑ったりしながら、今の私は螺旋階段を登っているところ。まぁそれは置いておいて、職業は公務員の類。ぶっちゃけ教育者です。

常々思うんですよ。超特急を好きな私は、5推しな私は、私そのものだなって。

子どもと向き合っている時の私も、パソコンと向き合っている時の私も、私に変わりはないけれど。きっと、仕事仲間や子ども達からは想像もつなかいようなテンションで超特急を見ている私がいます。

でもそれが一番私なんだなって最近思うわけです。「好き」に素直に。貪欲に。分かち合える友達と共有して、はしゃいで。超特急を応援しているはずが、いつもハッピーを貰うばかりで。それがまた物凄く幸せで。

本当に楽しい時間を過ごさせてもらっているなあ、と。しみじみ思います。

 

蛇行しまくりですが、何が言いたいかって、ユーキくんで世界が繋がっているということ。私のまわりの世界が広がっているということ。

看護師さん。弁護士さん。駅員さん。店員さん。お母さん etc

みんな、いろんな人生を生きている中で「超特急が好き」で、ただそれだけで8号車として繋がっている。どんなに悲しいことがあってもキツイことがあってもライブではみんな笑顔を咲かせる。超特急だけを見てる。(もちろん8号車も含めた「超特急」を)

超特急って凄いなぁ。

そんなことを改めて感じた5月5日でした。

去年も、今年も、5号車の日にユーキくんのダンスを見られて幸せ。ハッピーな時間を共有できて幸せ。見られなかった5推しもユーキくんのブログを見てきっと笑ってる。

今日も世界一大好きだ!

f:id:ririi25:20190505234814j:image

 

ユーキくんに出会えてよかった。

超特急に出会えてよかった。

きっと何かの記念日?とかが来る度に同じことを思う。というかライブに行く度に思ってる。超特急を見る度に思ってる。

ありがとう。どうかこれからも。どんな8号車さんも同じ景色を見られる夢のようなレールを突き進んでいってください。

みんな、人生の一部を超特急に預けてる。そうやって集まった人生の欠片たちが素敵なパズルを創り上げられますように。みんな大事な1ピース。だからどうか、これからも末永くよろしくね。

メンバーはもちろん、名前も知らない8号車の皆さんを「仲間」だと思えること。間違いなく超特急の宝です。

そんなチームで生きてるユーキくん、今日も最高の推しでいてくれてありがとう。5推しは今日も幸せです。

 

We are HAPPY ☺